岡崎市の着付け教室・エレガンスマナー・和小物販売『仁桜(にんよ)』

電話番号000-000-0000
メニュー

ブログ

2020/09/27

撮影会の準備を始めました👘

11月に着付け教室の生徒様方の和装の撮影会をと思っています。撮影はいつも和装の撮影にお声かけくださるカメラマン鈴木治様。岡崎市情報誌corinの写真家様です。

今日は2人で撮影候補地を試し撮りで廻りました。

六所神社で⛩

岡崎公園での1枚📸

来月は安城の丈山苑を下見に行きます🍁
すーさんお疲れ様でした😌🌼

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2020/09/11

個別レッスンでコロナ対策にもご対応しております👘

9月より自宅教室を再開させていただきました。

全館空調で24時間換気システムが稼働しておりますが、レッスン室には更に1台空気清浄機を置いて生徒様をお迎えしております。

マンツーマンでの個別レッスンで、お稽古中は勿論ですが休憩のティータイムでもソーシャルディスタンスを守り、15分以内の飲食時間に留めております。

着付けでは、講師が長襦袢からお見本のデモンストレーションしながらのレッスンに致しますので生徒さまへの接触はございません。

口頭説明よりも見本を見ながらのレッスンは分かりやすいと意外にもご好評をいただきました。
WITHコロナの時代に適応したレッスンを今後も考案して参ります。

タグ: , , , , , , , , , , , ,

2020/08/24

和装モデル撮影

カメラマンの鈴木治様によく撮影のお誘いをいただき、モデルとして和装の撮影のお手伝いをさせていただいております。

仁桜のホームページ用にもお写真をくださいますので、先日instagramに投稿しましたところ、美しいキモノ公式アカウントでご紹介いただきました。

自分の着姿、立ち居振る舞いを客観的に見ることができ、また良い記念にもなりました。

生徒様方とも秋頃には和装の撮影会ができればといろいろ考案中でございます。

photo by Osamu Suzuki
hair make by Anew

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2020/08/24

着物アドバイザー養成コースby仁桜

着物を着てお仕事がしたいという着物女子にお勧めなのが着物アドバイザー👘
着物アドバイザーは、呉服屋さんの展示会や百貨店の呉服フロアでの接客が主な仕事です。着物をお客様に試着していただき、帯や小物類をコーディネートしてご提案します。
そこで必要なのは着装の技術です。
反物を、着物を着ているかのように着せ付けてく技術、お仕立て前の振袖や訪問着の仮縫いの状態「仮絵羽」の着せつけ方、仕立て上りの状態の浴衣やリサイクル着物の着せつけ方など様々な着装があります。
仁桜着付け教室では、現役の着物アドバイザーである講師が着物の着装、コーディネートをご指導いたします。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2020/07/28

仁桜 生徒様とのお食事会

4月にお教室を閉講して以来、ずっと延期していたお食事会ですが、お友達のお店でやっと実現いたしました🇫🇷

お稽古後、そのままご一緒してくださった生徒様、おうちで着付けて参加してくださった生徒様、会員様、お仕事帰りに駆けつけてくださった生徒様、久々に集う皆さまは着姿も所作も美しく、とても上品な会にしてくださいました🌸
皆さま、ありがとうございました😌🙏✨

コロナ禍、皆さまお心遣いを忘れずに、静かな会話と美味しいフレンチを楽しみました🍽

デッサンプリュスの皆様もありがとうございました😌💖

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2020/07/27

着付けのお稽古 初おろしの夏単衣 大江紬

今日のお教室は、白大島の夏単衣と菱屋善兵衛の袋帯でお迎えいたしました😌🍀
私の大好きな白×白のコーディネートです👘💖

生徒様は新調した大江紬と名古屋帯でお稽古されました。
初おろしの夏単衣は紬とは思えないほどの滑らかな手触りでした👘💖
軽くて色も爽やかな水色✨モダンな柄いきがおしゃれな生徒様にぴったりですね😌💖
本日は気になっていたおはしょりがとても綺麗に仕上がり、着姿も美しいですね☺️💖
お疲れ様でございました😌🙏🍀

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

2020/07/16

撮影 あじさい寺

先月は幸田のあじさい寺、本光寺での撮影がありました。

着物は夏牛首の付下げ訪問着👘
撒き糊散らしの地模様にリクエストの燕を施していただいた糸目友禅は私の1番のお気に入りです💖
帯は絹芭蕉。紺と緑のグラデーションに白と銀の叩きのアクセントは好きな色尽くしです。
別注がお得意のセンス抜群の業者様には今も全幅の信頼を寄せています😌👘✨
お天気が心配でしたがなんとか無事に午前中の撮影を終えました☺️☂️
すーさんお疲れ様でした😌🙏🍀
@suu1479
photo by Osamu Suzuki

instagramに投稿した1ショットをフィーチャーしていただき記念なりました。選んでいただいたのは春の桜のphotoに続いて2回目です👘
@best_kimono_japan 様ありがとうございます😌

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2020/07/16

着物アドバイザー 〜浴衣〜 👘

着物アドバイザーのお仕事は、6月からは主に浴衣の展示会のお仕事依頼をお受けしています。
コロナ禍で夏のイベントがなくなり浴衣を着る機会がなくなってしまいましたので、今年はご来場くださるお客様も減ってしまいました。それでも、
「毎年浴衣と水着は買ってきたから、気分だけでも季節を感じたいわ」
と、新作の浴衣と帯のコーディネートを楽しまれるお客様の涼を感じるお心、日本人の和の心に癒しをいただきました。

浴衣の展示終了まであと1カ月を切りました。
心に笑顔に打ち上げ花火のような明るさと夏祭りのような賑わいを忘れずに、元気よくお客様をお迎えしようとアドバイザー一同気持ちをひとつにしてお待ち申し上げております。

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

2020/02/29

家庭画報特選きものSalon 掲載 着物アドバイザー

お疲れ様でございます😌🍀

15日から5日間、「和衣布」様のアドバイザーを務めさせていただいています☺️❤️
私の初仕事のクライアント様です。以来東京から名古屋にご出店の際は必ず全日指名で呼んでくださる社長様には、いつも女性ならではの苦労や貴重なお話しをたくさん聞かせていただきとてもよい刺激になります✨
昨日はお仕事のお仲間4人で女子会でしたが、お腹ぺこぺこなのとお話しにも花が咲いたのとで、せっかくひつまぶしをいただきましたのに写真を撮り忘れました😅💦
本日が最終日、和衣布さまの魅力を存分にお伝えして、和衣布ファンをさらに広げるために頑張ります👘✨


そして、またまた私事ですが🙇‍♀️
この度、”家庭画報特選きものSalon”3月号に仁桜-ninyo-を掲載していただきました🙏💓✨
担当の菅野様、生徒様、お客様、フォトグラファーのSmile smile Company 大角様、大変お世話になりました🙇‍♀️

多くの方の助言と後押し、ご協力をいただき、よいご縁に恵まれた充実した一年でした。
皆様に心より御礼申し上げます。

起業1周年の記念に…。(#忘備録)

#仁桜#ninyo#着付け教室#マナースクール#着物アドバイザー#エレガンスマナー#プロトコール#自分磨き#美しい着付け#美しい所作#kimono#きものコーディネート#和小物#アトリエ仁桜#minne#着物好きな人と繋がりたい#着物女子
#家庭画報
#きものsalon2020春夏号

タグ: , , , ,

2020/02/15

一周年を迎えて思うこと 着物アドバイザー編


私が仁桜-ninyo-と屋号を構えて2月で一年になります。
自分の名前の「仁」と2年前心臓弁膜症で亡くなった愛犬チェリーシャの「桜(チェリー)」から付けた名前です。彼女がお空に行った日は4月1日、桜が満開の日でした。。

着付け教室、マナースクール、アドバイザー、和小物作り、なんでも屋ですが、今日はアドバイザーについて徒然と書き留めておこうと思います。

きものアドバイザーは、仕事場では一番底辺にいる者です。
アドバイザー自体の息も長く50歳目前のわたくしでも若手と言われます。
この狭い呉服の世界でしのぎを削るアドバイザーの中で生き残るには、まずは礼儀と心得ます。
そして、何処で立っても目を惹く美しい着付けの技術を磨くこと。お客様が自分を選んで接客を求めてくださらなければお相手ができませんから。
それはきらびやかな着物を着て目立つということではありません。私が着るのは小紋か紬、色も白黒紺グレーなどのモノトーン。お客様より格の高い着物を着るわけには参りませんから、映えても紫のグラデーションのお召しくらいです。
そのかわり力のある帯を締めて帯揚げ帯締めの小物で粋を演出します。
するとお客様の方からお声をかけてくださいます。




私はお昼やお茶の休憩をいただく時、別の売り場の方、通り過ぎる社員様皆様に目を合わせて「お願いします」と言って頭を下げます。
全員同じ時間に体を休めることはできません。私が休憩している間、売り場に立ち続けお客様をおもてなししてくださる誰かが存在するのですから、戻った時は当然「有難うございました」とお辞儀をします。
半年間このように続けてきた挨拶ですが、最初は「何者?いつまで仕事が続くのかしら?」と新参者に訝しげに頷くだけだった方々が、今は「ゆっくりいってらっしゃい」「お帰りなさい」「お疲れ様」「今頃お昼?大変だねー」と声をかけてくださるようになりました。ある時、
「お客様があなたのようなコーディネートで着たいとおっしゃっていたよ。ここのディスプレイをやってくれない?」
と、アドバイザー冥利に尽きる言葉をいただき、それまでの孤独と不安、抱いていた負のイメージが全て吹き飛び報われた思いがいたしました。



一番弱い立場にいる者が、自分の居場所を見出すには、誠実にそして信念を持って継続すること。見ている人は見ています。そして信頼を確信して手を差し出してくれます。
その手を掴み、誠実さを持って応え続ければ道は開かれるのです。
そして信頼と友愛で繋がった者同士が幸を与え合い、お互いがさらに大きな幸を得る。煩わしかったものの影は自然に薄れて離れて消えてゆくのです。

チェリーシャ、お空で見ていてね。
お母ちゃんは前に進んでいるよ。。

着付けに関しては流派もお免状も看板も貰わないと決めています。
現場の最前線、叩き上げで行くのが圧倒的にかっこよく、圧倒的に面白い!

タグ: , , , , , , , , , ,

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

プロフィール

森實仁子(もりざね さとこ)
1971年5月7日生まれ

仁桜-ninyo- 代表
着付け教室・エレガンスマナーサロン
アトリエ仁桜(天然石和小物)
着付け講師
マナー講師(一般財団法人日本能力開発推進協会JADP認定エレガンスマナーインストラクター)
アトリエ仁桜和小物作家(天然石羽織紐&根付)
和装モデル
きものアドバイザー